東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島対応 / 建設業許可といえば

2-2 専任技術者

2-2 専任技術者

 

次に建設業の許可要件の2つ目として『専任技術者』があります。
こちらについても経管に続いて、これ以下では便宜、一般的にも使われている『専技(せんぎ)』と呼ぶことにして書かせて頂きます。

 

具体的には、営業所ごとに許可を受けようとする建設業に関して、一定の資格又は経験を有している専技を設置することができるかというこになります。

 

ではその専技について詳しく見ていきましょう。

 

 

制度意図

 

建設工事に関する請負契約の適正な締結や履行を確保するためには、許可を受けようとする建設業の建設工事についての専門的知識が必要になります。

 

また、見積・入札・請負契約締結等の建設業に関する営業は各営業所で行われることから、営業所ごとに(許可を受けようとする建設業種に関しての)、専門知識を持つ者がいることが必要になります。

 

よって、専技は、「営業所ごとに」「一定の資格又は経験」を持つ者があてはまることになります。

 

 

<専技の要件>

一般建設業許可を受けようとする場合 特定建設業許可を受けようとする場合
@ 国家資格者 @ 国家資格者

A 指定学科修了者で
  高卒後5年以上 / 大卒後3年
  以上の実務経験を有する者

A 指導監督的実務経験を有する者

 

※ 「指定建設業」許可を受けようとする場合は別

 

B 10年以上の実務経験を有する者     B 大臣特別認定者

 

必要な資格等

 

専技は、許可を受けようとする建設業が一般建設業か特定建設業であるかや、業種により、それぞれ必要な資格等が異なります。

 

許可を受けようとする建設業ではどの資格が該当するかは下記リンクでご確認ください。
国土交通省HP
(ページ中部の「営業所専任技術者となりうる国家資格者等一覧へ」)

 

 

専任性

 

専技は、(経管とは異なり)営業所ごとに設置することとされているため、営業所に「常勤」していることが必要です。

 

またその名称にある「専任」とは、その営業所に常勤して専らその職務に従事することを要します。

 

よって下記に挙げるケースでは、原則として「専任」は認められません。
( = 専技としての要件を満たさない )

 

技術者の住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、常識上通勤不可能な者

即NGというわけではなく、別途証明することで専任性が認められる場合もあります。

他の営業所において専任を要する職務を行っている者
(例:ほかの営業所で専技になっている)

よく混同されますが、「経管(同会社や個人)」とは兼任可能です。

建築士事務所を管理する建築士、専任の宅地建物取引士等の他の法令により特定の事務所等において専任を要することとされている者

上記は建設業の営業所と兼ねている場合は除きます。

他に個人営業を行っている者、他の法人の常勤役員である者等の他の営業等について専任に近い状態にあると認められる者

非常勤証明等により専任性が認められる場合もあります。

 

比較

4.主任技術者と監理技術者において後述する「配置技術者」は、直接雇用が求められるが、専技には必ずしも直接雇用が求められていない。よって、出向者であっても専技にはなれます。

 

 

指定学科とは

 

業種ごとに密接に関連する学科として指定されているものです。
指定学科を修了している場合、知識面を補完され実務経験での証明機関が、終了していない場合の10年から軽減されます。

 

対応指定学科は下記よりご確認ください。
国交省HP指定学科一覧

 

 

指導監督的実務経験を有する者とは

 

一般建設業許可を受けようとする場合の専技の要件を満たしている者

    且つ

許可を受けようとする建設業種に関して、発注者から直接請け負い、その請負代金が4,500万円以上である者について2年以上の指導監督的な実務経験を有する者

 

請負側のみが該当し、発注側での経験や人工での経験は含むことはできません。

 

指導監督的な実務経験とは

建設工事の設計、施工の全般にわたって工事現場主任や現場監督者のような資格で工事の技術面を総合的に指導監督した経験。

 

 

指定建設業とは

 

施工技術の総合性・普及状況、その他の事情等を勘案して定められた特別の業種で、現在下記の7業種が指定建設業となっています。

 

@ 土木工事業
A 建築工事業
B 電気工事業
C 管工事業
D 鋼構造物工事業
E 舗装工事業
F 造園工事業

 

指定建設業に該当する場合で、特定建設業許可を受けようとする場合は、1級の国家資格者と、技術士の資格者又は国土交通大臣認定の者に限定されます。

 

 

 

 


次の項 【 2-3 財産的基礎等 】 へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 建設業許可の基本 建設業許可申請 経審の基本 技術認定制度とは 請負契約について 法令/業界ニュース