東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・福島対応 / 建設業許可といえば

2 既に許可をお持ちの方における申請

2.既に許可をお持ちの方における様々な申請

現在「有効な許可」を受けている方について、申請の必要が出てくる様々なケースについてこちらでは、下記に分類してお伝えしていきます。

 

記事一覧

2-1 更新 / 業種追加

更新建設業許可の有効期限は、許可日から5年目を経過する日の前日をもって満了となります。(当該末日が日曜等の休日であってもその日をもって満了)許可を更新するには、有効期間が満了する2か月前から30日前までの間に、更新の許可申請書を提出しなければなりません。満了日を過ぎた場合は 『更新』 ではなく 『新...

≫続きを読む

 

2-2 許可替え / 般・特 新規

許可換え新規申請前述した「許可換え新規」の定義を見ると以下となります。・都道府県知事許可を受けている者が別の都道府県知事許可を申請する場合・都道府県知事許可を受けている者が国土交通大臣許可を申請する場合・国土交通大臣許可を受けている者が都道府県知事許可を申請する場合要約すると「業種追加」と異なり、許...

≫続きを読む

 

2-3 組織変更等に伴う建設業許可申請

これらでは、複雑な申請になること、申請を誤ると大きな損失を生むことから、各ケースで事前に行政庁に相談が必須となります。また、行政書士を始め弁護士、公認会計士等の各種専門家での手続きをお勧めいたします。申請の仕方まず、法人の形態を変更する(個人から各種法人への変更も含む)場合について見ていきます。下記...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 建設業許可の基本 建設業許可申請 経審の基本 技術認定制度とは 請負契約について 法令/業界ニュース